「建築探訪 43」-Tokyo/目黒

千代田生命本社ビル

村野藤吾設計の「千代田生命 本社ビル」(1966) に行って来ました。
(上写真左) 低層棟側から高層部本館を見る。池を挟んで高層部本館と低層棟をわけたプランとなっています。左側はエントランス棟。
(上写真右) 低層部茶室内から本館を見る。外壁を覆うのはアルミ鋳物の I型ルーバー。

千代田生命本社ビル
エントランスホールを見る。外部の喧噪から執務空間を遮る「静謐な空間」のはずが・・作品集で何度も見て、期待していた空間が・・何かイメージしてたのとは違う??

2003年より目黒区総合庁舎として使われているので・・企業本社ビルだった頃とはやはり雰囲気がずいぶんと違っていると思われる・・ 建物全体に緊張感がないような気が・・ 張り紙サインや植木鉢、さまざまな備品等、余計なものが多く・・ちょっとした事でデリケートな空間は煩雑な印象になってしまう・・公共の建物なので仕方なしか・・ こうして村野建築が生き残っている事に感謝。

千代田生命本社ビル
村野建築の見所といえば階段!! ・・村野さんの階段は綺麗で有名。旧千代田生命本社ビルの階段も作品集で何度も見ていた・・ こうやって実際に見る階段は、確かに流麗なラインがとても綺麗。しかし、これも何か違う??  線が多い??
千代田生命本社ビル
(左) 手摺が一段増えているようだ・・ もともとは下の手摺だけのはず。高さが低く危険とされたのか・・一段付け加えられ、その手摺の支柱から持ち出しアームで腰部にアクリル板がつけられている・・もともとは横桟だけのはず。これも横桟1本では危険という事か・・しかし、これはなかなか手の込んだ追加だ
(右) お客用玄関の大きなT字型キャノピーを見る。これもラインが綺麗。ディテールの端々までデザイン力がいき届いている感じ・・ ランダムに林のように建った柱足元が真直ぐではなく、アールをつけ地面から生えてきた様な取り合い・・ 村野さんのいつものディテール、GOODです。敷石表面のテクスチュアもGOODです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA