「デイサービスセンター」-配筋工事

トリムデザイン設計のデイサービスセンター

昨日は配筋検査・・ コンクリート造が正しく強度を保つ為には、鉄筋が大事です。コンクリートという肉を支えているのは、鉄筋という骨という訳でしょうか。鉄筋の種類、太さ、本数、間隔、溶接位置、溶接部径や長さ、定着長さ・・・様々なチェックポイントがあり、それが設計図の中にある構造図や仕様図と相違がないか現地にて確認していきます。
(上写真) もともと建っていた建物の埋戻し土が良質な川砂だったので・・今回の建物の基礎梁を施工する為に掘っているとサラサラと崩れ易く・・ ほとんど土が無くなっている様な所もあり、全部土を掘ってフラットにした方が工事しやすかったりして・・

作品紹介はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA