「建築探訪 103」-France 13 / Paris

ポンピドゥーセンター

いまや見慣れたかも知れぬ、観光地としても多くの人が訪れる、パリの有名な総合文化施設・・「ポンピドゥー・センター」(1977) 。建築家は・・レンゾ・ピアノとリチャード・ロジャースの2人組。いまや共に超大御所の建築家となった2人も、1971年のコンペ当時にはピアノ34才、ロジャース38才。(上写真) 南側外観の足下を見る。柱から持ちだされたクラフト感ある独特な形状をした・・鋳鉄製ゲルバレット梁の長さは8m。

この建築は・・何と言っても、この外観のインパクトが凄い・・建物を支える構造である鉄骨柱梁が剥き出しなだけでなく、電気・水道・空調などの設備配管まで剥き出しになっている建物・・・普通は内側にあって見えない(見せない)部分が、全部表に出てきている(人間で例えるならば、内蔵や骨格が全部見えている状態?)・・  無論その外観に反感を抱く人も少なからず・・

ポンピドゥー・センターのすぐ横にあった教会に入ってみました。・・この様な昔ながらの建物がたくさんあるパリの街並み・・ そこに突然現れた “いつまでも工事中” の様にさえ見えるポンピドゥー・・・
ポンピドゥーセンター
西側の広場とは反対側、通りに面した東面ファサードを見上げる。設備のダクトやパイプだらけの外観・・しかも、わざわざ目立つ色でその存在感を強調し・・古い街並みを挑発さえしているかの様な感じ・・
ポンピドゥーセンター
建物の東南角を見上げる。40年近く前にして、この前衛的外観 !!・・・パリ市民からすれば、竣工当時は工場にしか見えなっかただろう・・ よくぞこの計画案を選択したものだ・・審査会の委員長がジャン・プルーヴェだったという事も大きかったのだろうか・・
ポンピドゥーセンター
最上階まで続く “ガラスチューブエスカレーター” と、巨大な “展覧会のお知らせ” が眼を引く・・広場側の西面外観を見る (こちらの建物となんとなく雰囲気が似ています) 。広場の床は建物側に向かって傾斜が取られており、自然と視線や足が建物へと向かう・・ 6階建て、巾166m、奥行き60m・・サッカー場が縦に積んで6面も取れる。

“ハイテック” と呼ばれた・・「レイト・モダン建築」 はどうしても「過度」に見えてしまう・・マテリアルやテクノロジーを装飾的にさえ見える様に強調したその姿は・・ やはり”SF的” なんだけれども、その”SF的orマンガ的”な感じが楽観的でgoodですよね。その源流とも言えるアーキグラムのイラストの中に見られる様な・・硬直したモダニズムが描く都市とは違う、終わる事なく無限に自由に変転伸展していく都市のイメージは”まだまだ”実現は難しいだろうがオモシロイ・・  ポンピドゥーもアネックスなどを作らずに、パリの街並みの中でその本体をどんどん増殖伸展させていってはどうなんだろうか・・

ポンピドゥーセンター
建物内部を見る。建物の短手を横断するスティールトラスのスパンは48m。彩色された梁や設備配管もインテリアとして映えている?  ・・ 現代美術館、研究図書館、デザインセンターなどの機能がつまった巨大な建物の内部空間は柱が1本もない無柱空間、どんなイベントにも対応できる可変性の高いフレキシブル空間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA