「建築探訪 108」-Finland 1 / Helsinki

ヘルシンキ現代美術館「キアズマ」

フィンランドの首都ヘルシンキの中心地にある・・ ヘルシンキ現代美術館「キアズマ」。1993年の国際コンペで選ばれた米国人建築家スティーブン・ホールによる設計で、1998年に完成。美術館の周辺には国会議事堂や国立博物館、サーリネン設計のヘルシンキ中央駅、アアルト設計のフィンランディアホールなど・・ヘルシンキの主要な建築が集まる中枢的エリア。 
(上写真) 緩やかな弧を描くチューブを切りっ放しにした様な北側ファサードを・・広場より見る。素晴らしい青空&芝生。 

ヘルシンキ現代美術館「キアズマ」

エントランスのある南側ファサードを見る。左右非対称の不規則なバランスによる建築構成が特徴的。2つのヴォリュームに挟まれ少し窪んだ中央部分がエントランスホール。右側のヴォリュームは弧形チューブ状で・・ヘルシンキの太陽軌道に基づいたカーブを描きながら、北側ファサードまでひと繋がりとなっています。左側のヴォリュームは矩形状で・・真っ直ぐに伸びていき、右側のヴォリュームに交差貫入(Chi-asma)していきます・・ 

ヘルシンキ現代美術館「キアズマ」

2つのヴォリュームに挟まれた、明るい壮観な光景のエントランスホールを1階より見る。両側のヴォリュームと相関しながら、緩やかなスロープで展示室間を巡ってゆく構成となっています。散策的に空間を経験出来て・・充分に建築を楽しめました

ヘルシンキ現代美術館「キアズマ」
(左) スロープを上がった2階よりエントランス方向を見返す。 (右) 廊下より展示室への入口を見る。壁や天井といった空間の構成要素のデザインは大胆なのですが・・ 扉や手摺などの小スケールなパーツにはクラフト的ともいえる様な、細やかなデザインがなされています。 
ヘルシンキ現代美術館「キアズマ」
南側向きの大きな開口に面した2階ロビーを見る
ヘルシンキ現代美術館「キアズマ」
北側向きの大きな開口に面した、5階大展示室に入る前のロビー的空間

最上階である5階の大展示室を見る。低い角度から入ってくる光を誘い込む様に・・大きな弧を描く建物外形なりの天井、ダイナミックなトップライト。一見まっすぐに見える壁も、外形なりの緩い曲面・・ 曲面壁上部にはハイサイド窓 (両側の壁に書かれている文字はアート作品です)。静謐でありながら劇的でもある・・大スケールの展示空間・・ そこに設営されていたアート作品も相まって(壁の仕上げを削り落として文字を書くというMarja Kanervoさんの作品)・・ カッコイイ空間でした!!!   
この建物のコンセプトのひとつでもある「中間スケールの排除」という考え・・建物の構成要素を大スケールとする事で、中間スケールを占めるものとなる芸術作品がニュートラルな壁の量塊と対比され・・そして得られる “沈黙” ・・それこそがこの建物の諸空間のコンセプトだそうです・・  

ヘルシンキ現代美術館「キアズマ」
メインエントランスの扉を見る。多くの人が触る事で、変色していく扉の引手・・ 職人が作ったような形と風合い・・大きな建物でも小スケールな部分・・ヒューマンスケール的なディテール・・への配慮も忘れられていません
ヘルシンキ現代美術館「キアズマ」
建物西面を見る。街に面した気持ちの良さそうなテラス席は美術館のカフェである「Café Kiasma」の屋外席。ヘルシンキはフインランドの首都であり、人口は60万人、周辺の都市的地域までいれて120万人規模・・100万人以上が住む都市圏としては・・北緯60度に位置する、欧州最北の都市

Kiasma ヘルシンキ現代美術館

ヘルシンキ中央駅より歩いて3分程度

今回旅した北欧の美術館や図書館などは、日によって開館時間がまちまちなのですが、Googleに施設名を入れて検索すると、右帯にちゃんとここ一週間の開館時間が表示されるのは、とても便利!是非直前情報を調べてお出掛けください。

フィンランド政府観光局公式ホームページヘルシンキ市の公式観光情報サイトは、日本語のページが用意されています👍🏻
市のサイトでは、日本語のビジターズガイドがダウンロードできます📃
そのガイドのKiasmaの欄に「毎月第一金曜日17~22無料」とあったので、「ラッキー❗️第一金曜日❤️」と21時頃に長距離列車から飛び降りてKiasmaに急ぎましたが…閉まっていました😓😓😓
現在KiasmaのWEbサイトでは「Free admission on the first Friday of the month 5 pm–8.30 pm.」と書いてあります。やはり直前情報を調べる事は必須です。

おすすめスポット

salakauppa

Kiasmaとヘルシンキ中央駅の間に建つヘルシンキ中央郵便局 (Posti)の前に、『salakauppa』というプロダクトデザインユニットよる小さな雑貨店があります。ヘルシンキの超中心街にポツンと佇むそのお店の姿も可愛いですが、何と言っても扱う商品が魅力的!「salakauppaというのは秘密と言う意味です」と、たどたどしい日本語でキュートな店員さんが教えてくれました。スタンディングでエスプレッソが頂けるのもGoodです!

Café Kiasma

Kiasmaの中にある『Café Kiasma』☕️
ランチブッフェやスープが人気と聞いていたのに…ブルーベリータルト & BIONADEと言うオーガニックリフレッシュメントドリンクと一緒に頂きましたT
カフェだけの利用も出来るのでオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA