「最高に凄かった。最高に光っていた。岡崎京子の作品、・・」

岡崎京子展

「岡崎京子展」を訪れる。もちろん “初の大規模展覧会”。岡崎さんは1985年に21才で初の単行本を刊行され、以降も次々と秀作を発表・・1996年に休筆されるまでの間、今なお忘れられない心に残る・・数々のきら星の様な作品を、鮮やかな感性で描かれました。

岡崎さんの作品には・・80年代から90年代へと移る、様々な事物や人が次々と消費され崩壊してゆく様な混沌としていた時代の・・あの空気感の明暗が見事に映し出されていた様な気がします。表面を覆っている “明朗快活” さと、その根底に在る “どうしようもなさ” がアンビバレントに存在していた心の機微・・ドライでもありエキセントリックでもあり曖昧でもある・・”ふつう”。そんな自分達の心情を映し出した様な・・登場人物たちの物語を思い出すと、今も心に響きます。

建築&デザイン関係の本ばかりが並ぶ事務所の書棚ですが・・ W.ギブスン、P.K.ディック、H.Murakamiと共にマイフェイバリットなコーナーには岡崎さんの作品が24タイトル。カラックスやヴェンダースやYMOと共に・・10年経っても20年経っても、マイフェイバリットなヒーローの作品は・・心の棚から消える事はありません・・いつもいつまでも一緒・・ですよね。

岡崎京子展

デザイナー祖父江慎さんによる会場構成のアートディレクションも素晴らしく。原画をはじめ、学生時代の作品から関連映画の物まで岡崎ワールドに・・ゆっくりと浸れました。(館内の図書室にもプチ展示コーナーが在りました)

(上写真) 会場出口に掲げられていた・・岡崎さんの言葉に感動。
展覧会は世田谷文学館で、3月31日まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA