名和晃平 展

現代美術ギャラリー

大きな唐破風の瓦屋根が並ぶ、こちらの建物・・ もともとは下町の銭湯だった建物を改装した・・「現代美術ギャラリー」。左手の壁にあまり目立ちませんが・・「SCAI THE BATHHOUSE」とサインがある事で、何とか「ギャラリーなんだ ?! 」と認識。

現代美術ギャラリー
玄関に近づいてもサインは控えめで・・ ギャラリーと知っていなければ、なかなか入らないだろう・・という雰囲気
現代美術ギャラリー
ガラス窓に、控え目な表示でタイトルが・・
名和晃平展
中に入ると、ギャラリーのある街並や建物外観からは想像のつかない・・圧巻のインスタレーション!! 

写真では分かり難いですが・・これは高い天井からオイルのような液体が重力そのままに、無数の線画を描くように、真っ直ぐに降り注ぎ・・幾つもの窪みを作りながら、黒い池のような面を形成しています。

名和晃平展

天井面にも、池面にある窪みと同じ様な形が・・ オイルの筋はまるで、天井面と池面を結ぶ糸の様・・でした。マテリアルとテクスチャの在り方で、増幅する知覚性と多様化する物質性が伸展し続ける・・現代社会の存在のリアリティを問われてきた、名和さんの最新作・・「FORCE」。ここにしかない空間/時間/物質を・・堪能。
台東区谷中にある「スカイ ザ バスハウス」にて、4月18日まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA