「デイサービスセンター」-ALC工事

トリムデザイン設計のデイサービスセンター

外壁のALC工事にかかりました・・ALCとは オートクレーブド・ライトウェイト・コンクリートの略で、高温高圧の状態で作られた “軽量気泡コンクリート板” の事。断熱性や耐火性はあるのに軽いという特殊コンクリート・・現場にて、職人さんは電ノコでスパスパとALCを切って・・複雑な欠込み部分にも合わせていきます。

トリムデザイン設計のデイサービスセンター
道路側から建物正面を見る。建物正面の壁のみは現場打ちのコンクリート造です・・仕上げは縦長の特注タイル張り。壁と庇屋根の間は、横に長~い摺りガラスのFIXです。

作品紹介はこちら

「デイサービスセンター」-建方終了

トリムデザイン設計のデイサービスセンター

デイサービスセンターの鉄骨建方が無事終了・・ 上棟しました。

(上写真) 2階より1階屋根を見下ろす。2階の床として敷き込んでいるシルバーの部材は、厚さ1.2mmの金属を折半して出来ているデッキプレート・・ この上に金網を設置した後、コンクリートを流しこんで、2階床が出来上がります。

トリムデザイン設計のデイサービスセンター
玄関ホールになる部分、南側入口よりを見る。玄関ホールは2方向から入る事が出来るカタチ・・デイサービスセンターの玄関ホールを抜けた先には、既存クリニックの玄関があります。1階床はこの後、防湿フィルムを敷いて、断熱材を設置していきます。

作品紹介はこちら

「デイサービスセンター」-鉄骨建方

トリムデザイン設計のデイサービスセンター

今日からデイサービスセンターの建方が始まりました・・ 建方とは柱を立て、梁を架け、建物の骨格となる・・骨組みを組み立てる工事。工場で製作した部材をクレーンで持ち上げて、ひとつひとつ組立固定していきます。

鉄骨工場
工場での鉄骨製作の様子です。錆止め塗装を塗る前の鉄骨は迫力があります・・生なスチールのマテリアル感はgoodですが、このままでは直ぐに錆びてしまうので・・ 溶接などの作業が済んだ後に、分厚く塗装をしてしまいます。右奥には塗装が済んで、出荷待ちの柱梁が積まれています。

作品紹介はこちら

「デイサービスセンター」-配筋工事

トリムデザイン設計のデイサービスセンター

昨日は配筋検査・・ コンクリート造が正しく強度を保つ為には、鉄筋が大事です。コンクリートという肉を支えているのは、鉄筋という骨という訳でしょうか。鉄筋の種類、太さ、本数、間隔、溶接位置、溶接部径や長さ、定着長さ・・・様々なチェックポイントがあり、それが設計図の中にある構造図や仕様図と相違がないか現地にて確認していきます。
(上写真) もともと建っていた建物の埋戻し土が良質な川砂だったので・・今回の建物の基礎梁を施工する為に掘っているとサラサラと崩れ易く・・ ほとんど土が無くなっている様な所もあり、全部土を掘ってフラットにした方が工事しやすかったりして・・

作品紹介はこちら

「デイサービスセンター」-杭工事

トリムデザイン設計のデイサービスセンター

地表面より12m下ほどにある・・支持層となる地盤まで鋼管杭を打ち込みました。直径が150mm程、鋼管の厚みは18mm程・・計23本。パワーショベルの向こうに見える・・ 仮設建物ではデイサービスを運営中・・来春の建物完成までは・・やや狭いけれども仮設建物で我慢・・

作品紹介はこちら

撤去

撤去工事

既存RC造の建物を撤去中・・ 大きな機械でガバっと壊す前に、剥がした床材は床材でまとめて、剥がした天井材は天井材でまとめて、ガラスはガラス、断熱材は断熱材・・ 家庭のゴミと同じで、建築のゴミも分別分別の時代・・ なので解体中と思えないくらい?・・キチンとしている現場。

引越し

実施設計が大詰めとなっている老人デイサービスセンター・・ 
今まで使用していた場所 から、隣に完成したばかりの仮設建物へ引越し・・休まずに運営されるので・・暑い中の引越し作業、ご苦労様です。この建物は解体撤去。3階建ての鉄筋コンクリート造なので結構大変・・10月から新築工事を始める予定です。

老人デイサービスセンター 見学

デイサービスセンター設計の為の見学

昨日は老人デイサービスセンターを見学。いま診療を行っている現クリニックの隣にある・・旧クリニックの建物を改修して、現在は老人デイサービスセンターを運営中なのですが・・来春に向けて、新規単独の老人デイサービスセンター施設として建替える予定。

送迎車で来られる所から、1日の流れ、来られている方の様子などなどを見学しながら、色々とヒアリングさせて頂きました・・ 計画を進める上で、実際に建物を使われる方々に接する事が出来たおかげで・・ 設計のリアリティがより深まる・・良い機会となりました。

思っていた以上に、来られている方々は元気で明るい様子。中にはご自分で施設まで歩いて来られる方や、単車で来られる方もいる・・と聞いてビックリ。

「MYクリニック」 -竣工

トリムデザイン設計のクリニック

MYクリニック」の増築工事が無事終了いたしました!
仮出入口からの不便な通行&工事間仕切壁による狭くなった待合室等・・・いろいろご迷惑をお掛けしましたが・・・待合いスペース&玄関風除室が広くなり、使い易くなったとは思います・・

スレート調の縦長ボーダータイル張りの外壁。水平性を強調した軒の深い屋根が建物全巾まで伸びています
(左) 開放的で明るくなったアプローチ部、ガラスドアは手詰め防止用のギャップレス型としました
(右) 冷暖房効果UP&前面道路/前面線路からの騒音軽減&収納力のある上下足棚を設置などをはかる為・・・限られた面積配分の中で、比較的ゆったりとした玄関風除室スペースとしました
 トップライトの向こうが増築部、手前が既存部。待合い椅子はタモ材の造付け家具としました。壁はライトグレー色の珪藻土系左官塗り仕上げとしました