「デイサービスセンター」-鉄骨建方

トリムデザイン設計のデイサービスセンター

今日からデイサービスセンターの建方が始まりました・・ 建方とは柱を立て、梁を架け、建物の骨格となる・・骨組みを組み立てる工事。工場で製作した部材をクレーンで持ち上げて、ひとつひとつ組立固定していきます。

鉄骨工場
工場での鉄骨製作の様子です。錆止め塗装を塗る前の鉄骨は迫力があります・・生なスチールのマテリアル感はgoodですが、このままでは直ぐに錆びてしまうので・・ 溶接などの作業が済んだ後に、分厚く塗装をしてしまいます。右奥には塗装が済んで、出荷待ちの柱梁が積まれています。

作品紹介はこちら

「デイサービスセンター」-配筋工事

トリムデザイン設計のデイサービスセンター

昨日は配筋検査・・ コンクリート造が正しく強度を保つ為には、鉄筋が大事です。コンクリートという肉を支えているのは、鉄筋という骨という訳でしょうか。鉄筋の種類、太さ、本数、間隔、溶接位置、溶接部径や長さ、定着長さ・・・様々なチェックポイントがあり、それが設計図の中にある構造図や仕様図と相違がないか現地にて確認していきます。
(上写真) もともと建っていた建物の埋戻し土が良質な川砂だったので・・今回の建物の基礎梁を施工する為に掘っているとサラサラと崩れ易く・・ ほとんど土が無くなっている様な所もあり、全部土を掘ってフラットにした方が工事しやすかったりして・・

作品紹介はこちら

「デイサービスセンター」-杭工事

トリムデザイン設計のデイサービスセンター

地表面より12m下ほどにある・・支持層となる地盤まで鋼管杭を打ち込みました。直径が150mm程、鋼管の厚みは18mm程・・計23本。パワーショベルの向こうに見える・・ 仮設建物ではデイサービスを運営中・・来春の建物完成までは・・やや狭いけれども仮設建物で我慢・・

作品紹介はこちら

引越し

実施設計が大詰めとなっている老人デイサービスセンター・・ 
今まで使用していた場所 から、隣に完成したばかりの仮設建物へ引越し・・休まずに運営されるので・・暑い中の引越し作業、ご苦労様です。この建物は解体撤去。3階建ての鉄筋コンクリート造なので結構大変・・10月から新築工事を始める予定です。

老人デイサービスセンター 見学

デイサービスセンター設計の為の見学

昨日は老人デイサービスセンターを見学。いま診療を行っている現クリニックの隣にある・・旧クリニックの建物を改修して、現在は老人デイサービスセンターを運営中なのですが・・来春に向けて、新規単独の老人デイサービスセンター施設として建替える予定。

送迎車で来られる所から、1日の流れ、来られている方の様子などなどを見学しながら、色々とヒアリングさせて頂きました・・ 計画を進める上で、実際に建物を使われる方々に接する事が出来たおかげで・・ 設計のリアリティがより深まる・・良い機会となりました。

思っていた以上に、来られている方々は元気で明るい様子。中にはご自分で施設まで歩いて来られる方や、単車で来られる方もいる・・と聞いてビックリ。

ひろしま住まいづくりコンクール2012

昨日は・・『黒瀬の家』のお施主様と施工者さんと一緒に、広島県庁まで授賞式に行って参りました。(上写真) 表彰されているお施主様のIさん。👏👏👏

「黒瀬の家」は一昨年の夏に東広島市に完成した・・平屋の様にも見える、スキップフロア的な2階建ての、大屋根が特徴の住まい。今回、賞を頂いたのは 「ひろしま住まいづくりコンクール」の優秀賞。 
建築の賞というのは、設計者だけが頂く事が大半ですが・・実際の住まいづくりというのは、お施主様と施工者さんの協力理解による共同作業・・ですので今回の様に3者それぞれを表彰して頂けるという事は嬉しい限りです。

「早島の家」 -入賞

トリムデザイン設計の住宅早島の家

早島の家」が 第12回電化住宅建築作品コンテストで入賞いたしました。

美和の家」に続き二回目の受賞です。

受賞作品のパネル展が今週末と来週末に2箇所で行われます。

広島 -3月19日(木)~22日(日)TDY広島コラボレーションショールーム
福山 -3月26日(木)~29日(日)INAX福山ショールーム