「建築探訪 151」-Aichi 5

妹島和世さん設計の・・「豊田市生涯学習センター」(2010)を探訪。愛知県の豊田市と言えば、こちらの建築が有名だが・・この建築もオモシロかった。少し郊外で時間が掛かったが・・愛知県の建築探訪のラストに来て・・goodでした。「フラットに積層する3層」が「上下で微妙にズレている」のがポイント・・外壁はほとんどガラス。

外壁は”うねるガラス”・・厚さ20~24mmの倍強度ガラス!!!。主体構造は鉄骨造。平面形はいわゆる”アメーバのようなグニャグニャとした形”・・”各層で異なる”グニャグニャとした外形ラインに囲われ・・”ほぼ正円形”の各室が各層で漂っている感じ。1階に多目的ホール・図書室・事務所、2階に会議室✕3、3階に講習室✕3、という建物。

外壁だけでなく・・各室を区切る”間仕切壁も曲面ガラス”。さらに階をまたいで連続する部屋もあるので・・この空間の連続感は”写真では実感がない”と思いますが・・断面的な上下の繋がりは「SHIBAURA HOUSE」(2011) に近いが・・開口部や間仕切壁部に「方立て」などが無い分、その効果がとても大きく・・”抜け”と”透け”が、この建物の方が際立っています。

内外にわたり、ガラスの曲面で構成された建物の中で・・白く浮かんだヴォリュームは「トイレやエレベーターが収まっている」スペース。その壁は”9mmの鋼板”で出来ていて・・耐震壁になっているそうだ。「20mmのガラス/外壁」と「9mmの鋼板/間仕切壁」・・1/50の図面で描くと「0.4mm」と「0.18mm」の線・・各階500㎡(150坪)程度の建物だが・・柱は直径100mm程度でスパンは普通の6m前後・・なかなか色々と普通では出来ない構成。

3階のテラスより見る。コンクリートパネル敷きの半屋外スペースの中に・・「白い曲面で囲われた丸い部屋」と「ガラス曲面で囲われた丸い部屋」が並ぶ。「不整形グニャグニャ平面」と「フラット床積層」の対比が効果的で・・シンプル単純でありながら、とても現代的で、キレがある・・さすがの”妹島さん”という建物でした。