「玉島の家」-壁仕上げ前

外壁仕上げ前、左官塗り工事が終了・・仕上塗り前ですが、これはこれで “肌理の存在感”が際立っていて・・このままでも素敵なんですよね。軒が重なる勝手口的スペースからの見上げ。(上写真 左手前) 木製建具枠が見えています・・鴨居(水平材)の面より縦枠の面を外側に何mm出して納めるのか、縦枠の戸しゃくりを何mm取るのか、見付け寸法や、見込み寸法などなど・・木製建具は既成品とは違い、あらゆる部分の寸法を自分で決めていきます・・図面で決めていたものが、どう出来上がっているのかを・・現場監理で、1/1で、スケール感ディテール感を、確認するのが・・現場監理の楽しみのひとつ。

モルタル左官塗り壁のヴォリュームを・・軒の深い屋根が覆う。モルタル塗り壁上部の金物は、白色のガリバリウム鋼板・・外壁は2層防水の通気工法。上部ガリバリウム鋼板とモルタル塗り壁の間にある隙間から、壁体内の空気が抜けていく仕組み。
内壁仕上げ前、壁下地のプラスターボード張り工事が終わりました・・この工事が終わると、何ヶ月もの間ずっと現場で頑張ってくれていた大工さんの仕事もほぼ終わり 。
( 細かい指示注文の多いトリムデザインの仕事にお付き合いくださり・・大工のAさん、ご苦労様でした・・ありがとう) 。次は家具工事屋さん、建具工事屋さんなどの出番・・(上写真)リビングダイニングより和室の出入口を見る。左手の窪みはエアコン用のスペース。
リビングダイニングより、2階への上がり口を見る。この階段はもちろん工事期間中、工事関係者用のものです。1階から2階へは7段で到着、すぐに2階。子供部屋である2階とリビングダイニングの距離が近い家・・2階の奥に見えているのは、造り付けの壁面収納棚 (これは大工さん工事の家具 ) 。

「酒津の家」-丸2年

竣工からちょうど2年が経った「酒津の家」の・・ブラインドやカーテンの新たな設置工事と、ちょっとしたメンテ工事で・・訪問。(上写真)東側の空地から建物を見る・・徐々に木々が建物を覆ってきて、左手に見える公園の緑に・・だんだんと馴染んでいきます。

玄関ポーチのディテールを見る。オリジナルデザインの鉄扉を少し手直し・・どこを直したか分からないくらいに、上手に補修して下さいました。建具枠は”ステンレスフラットバー”、上部レールは”埋込みコの字型レール”、建具はスチールフラットバーの組子格子のデザイン。
玄関のはめ殺し窓のディテールを見る。木製ブラインドを設置するために、専用のブラケットを・・ビスにて固定。壁天井はケイソウド左官塗り仕上げ、廻り縁と開口部枠は床材や家具材のウォールナット材に合わせた木材の保護塗装仕上げ。
アプローチ横のシンボルツリーである・・アオダモは、自然樹形な枝ぶりが繊細で綺麗。軽やかで涼しげな雰囲気の落葉樹、幹肌の模様が特徴的。外壁は鏝摺りのような模様を少しつけたライトグレーな左官塗り仕上げ(下部はタイル塗込め仕上げ)。深い軒の出は1.2m・・軒板と垂木梁ともに、露わしで木材保護塗装仕上げ。

「玉島の家」-外壁下地工事

白いシート(透湿防水シート)の上に縦桟の下地を付けて、その上に横向きの板を留めた付けた状態・・外壁の下地工事は何層にもレイヤー状に下地を重ねていく感じ。縦桟と縦桟の間が通気層となって、壁の中に湿気がたまらない構造となっています。外壁下端には壁が傷まないように、ガリバリウム鋼板製の水切金物。

リビングの床に床暖房パネルを設置。アルミニウム箔で覆われた床暖パネルを敷き込み。部屋の外周部や置き家具のスペースを考えてパネルを配置・・300mm巾のパネル1枚に6本の温水管が通る、約40℃の温水を利用した床暖房ですが・・放熱ロスを抑制した熱を逃がしにくい構造になっていて・・省エネ仕様な床暖房。

裏側手になる、東側から屋根を見る。屋根が3枚な感じ・・建物は1.5階建てみたいな住宅で、表側から見ると屋根は1枚な感じ・・でも裏側手に廻ってくると、屋根が3枚な感じになってきて・・アングルによって、ちょっと違って見えてくるところを・・秘かに気に入っています。

「玉島の家」-設備工事

事前に作成して、指示を出していた・・電気設備や弱電設備の工事用図面を基に、配線工事が行われています。コンセントやスイッチ、TVやLANの差込口などの位置を、各所毎に1cm単位で細かく決めています・・

図面を基に・・このようなカタチで施工が行われていきます・・上写真はコンセント。トリムデザインでは、コンセントやスイッチは基本的に横向き。

天井に付く照明器具の位置を決めているところ、図面でも位置は決めているのですが・・・やはり、原寸1/1で・・現場を見ながら決めるのが最良・・天井材は「杉板上小の着色保護塗装(白)」・・・整然と配置するのではなく、パラパラと自然なバランスを取りながらランダムに配置。

リビング天井のダウンライトの大きさを・・ダンボールにて作成配置。板材の目地を中心に、ダウンライト用の穴を開けなければならないのですが・・板材3枚分の間隔で配置してみる・・うーん・・

1箇所につきダウンライト2台を設置、その間隔が開きすぎるとおかしくなる・・キュッと寄せているのが綺麗なので・・・もう少し寄せて2枚分で配置しなおし・・こっちの方がバランスが断然良かったので・・ダウンライトの間隔は2枚分で決定。

そして・・綺麗な“もう仕上がっている”板材に穴を開けていきます・・・自分で開ける訳ではないのですが・・間違うと取り返しがつかないので・・緊張します。この調子で、約30箇所・・・ダウンライト用の穴を開けていきます。

「玉島の家」-屋根下地工事

玉島の家は、屋根工事中・・・軒先の”化粧”で見える部分には綺麗な杉板を張り、天井で見えなくなる屋根下地の部分には構造用合板を張っていきます。大工さんの手により作られた・・木の組み重なった屋根組みは・・見てて、気持ちいいです。

上から見ると、こんな感じ・・”化粧”の軒先部分には杉板、見えない部分には構造用合板。屋根の仕上げはガルバリウム鋼板のタテハゼ・・屋根の形は「寄棟」の棟の部分をバルコニーのような形にした「変形の寄棟」。
リビングの天井を見上げる。

こちらも”化粧”の杉板張り「杉板本実上小 木材保護塗装」・・・先に塗装をしてから、板を張っています。木目をはっきりと見せず、うっすら白っぽく木目が見える様に・・塗ってみました・・トリムデザインでは、今までにないパターンの天井仕上げ。

「玉島の家」-上棟

トリムデザイン上棟

先週末に無事上棟(パチパチパチ!!!!!)した「玉島の家」を高台から望むと・・・高台側の手前には、旧道沿いに昔からの家が建ち並び・・市街地側の向こうには、新しい道路沿いに新しい家がどんどんと建ち並ぶ・・・街の様子がよく見て取れる。

リビングダイニングの柱梁を見る。”玉島の家”では・・柱の上に小屋梁を載せて、その上に桁を架ける”折置組”と言われる・・・やや古式な柱梁の組み方を、現代的なものにリデザインして・・住まいの中心であるリビングダイニングのチャームポイントとして・・取り入れています。

階高を抑えた2階建て部分と階高を持たせた1階建て部分が繋がった・・やや難しい断面構成になっていたり・・・梁や天井を”化粧あらわし”としている部分が多くなっていたり・・・いろいろと細かな注意が必要でしたが・・・工務店さん大工さんのおかげで・・建て方(上棟)は無事終了。

「玉島の家」-基礎工事

数回のコンクリート打設を重ね・・基礎がほぼ完成!!!!!。コの字型で・・南庭&テラスのスペースを、LDK等の主要な居室で囲むという・・考え方としてはシンプルな形の平面形なんですが・・・スキップフロア的な断面の構成であったり・・建物内に大きく入り込んだ土間スペースであったり・・普通よりちょっと高い1階の床高さであったり・・・基礎の形を見るだけでも、ちょっと他にはない感じが・・goodです。

「玉島の家」-地鎮祭

昨日は、雨が降ったり陽がさしたり、移ろいやすい天気でしたが・・式の間は雨も降る事がなく・・倉敷市玉島にて地鎮祭・・昔からの古い大きな家が建ち並んだ、落ち着きのある住宅地・・100坪近い広い敷地に平屋的な形での計画・・・「N家の皆様、本当におめでとうございました。」