「建築探訪 51」-Hyogo/芦屋

崖の家

六甲山腹、傾斜のきつい道を上がって行った芦屋市の山手・・ コンクリートブロック擁壁で支えられた、見晴らしの良い敷地・・清家清の「崖の家」(1956) を探訪。

長年愛着を持ち住まわれてこられましたが、建て替えを決意され・・ 今回は特別に、お住まいの方の御厚意と、建て替えの設計をされている建築家さんの御厚意で・・ 工事前に見学させて頂きました。

(上写真) 南側外観を見る。屋根は東西に伸びるバタフライ型。奥の方流れ(1.5寸勾配)が居住部分、谷部の中庭を挟んで、手前の方流れ(1寸勾配)が応接部分・・ というように機能的に3つの部分に分けられています。左側コンクリートブロック壁沿いに玄関。

崖の家
コンクリートブロック壁に沿って、高さを低く抑えた庇下の玄関を見る。右側コンクリートブロック壁の裏が応接室。清家清さんといえば昔・・ NESCAFEのTVコマーシャルに “違いの分かる男” として出演されていた事でも有名
崖の家
(左) 中庭に面した応接室を見る。応接室の壁はもともとはコンクリートブロックに濃紺色のペイント仕上げだったそうだ・・ 清家作品にはコンクリートブロック壁が多い。戦後に大量生産が始まり、優れた安価な材料として広まった・・ 無骨で無機的な工業製品であるコンクリートブロックを、清家さんはデザインとして建築にうまく生かす試みを繰り返されておられました

(右) デンマークの建築家アルネ・ヤコブセンのデザインによるフリッツハンセン社の家具が揃っています・・古い物との事ですが、状態も良く、色も素敵でした
崖の家
(左) 中庭を見る。左側の応接室を拡げた為、中庭は狭くなっています。竣工時の解説では・・ 中庭のトップライト開口は、大雨時にバタフライ屋根谷から雨を溢れさせるためとの事・・
 (右) バタフライ屋根を見下ろす。谷部の右側・・ 中庭のトップライト開口にはカバーがついてます
崖の家
居間和室の南縁側を見る。居間和室は増改築でより開放的に・・ 大きなガラスのピクチャーウィンドウに変更。下部には換気用の無双窓

この住宅は清家清さんの手で、生活に合わせて・・ 玄関を拡げたり、応接室を拡げたり、居間和室を拡げたり、台所を拡げたり、お風呂トイレの場所を変更したり、竣工時から 2度の増改築が行われていたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA