「建築探訪 112」-Finland 4 / ALVAR AALTO 2

アアルト大学本館

「アアルト大学 本館」(1964)を探訪。右手の突出した部分はオーディトリアム。本館全体の平面形は一言では説明し難い・・水平的に広がりのある構成で、とても大きく伸びやかに配置されていて・・上写真で見えているのは南側から見える・・ほんの一部・・

アアルト大学本館

残念ながら本館は部分的に改修工事中。本館メインエントランスのある西側付近はご覧の様な状態。本館のオーディトリアムは見る方向によって様々な表情を見せます・・形としては、丸いバームクーヘンを1/4よりやや大きい扇形平面に切って、中心側からカジった様なカタチ。(上写真) 北西より見る・・突出したオーディトリアムヴォリュームの足元がメインエントランス。

アアルト大学本館
ぐるりと廻って、東側の入口まで来ました。正面ピロティ部が東側入口。右手にはホリゾンタルに広がる教室群。窓はもちろん”アアルトらしい” ・・木製の水平連続窓
アアルト大学本館
南側より見る。左手ヴォリュームの・・ピロティ部に東側入口。正面の教室群は・・奥&右手に向かって広がっていきます
アアルト大学本館
マッシブな煉瓦のヴォリュームを支える “金属板貼り”の丸柱・・前述の図書館と、同じ建築的要素による構成ですが、竣工したのはこちらが先です
アアルト大学本館
ピロティ内を見る
アアルト大学本館
玄関扉を見る。縦に並べて付けられたドアハンドルは、もちろんアアルト自身のデザインによるオリジナルの “アアルト引手“・・ この後どこのアアルト建築に行っても、玄関扉には・・ほぼこのドアハンドルが付いていました。
アアルト大学本館
風除室内を見る。低く低く押さえられた天井高。正面壁には黒い “アアルトタイル”
アアルト大学本館
近くで見る “アアルトタイル”
アアルト大学本館
東側エントランス付近から1階ロビーを見る。リブな天井が段々・・”アアルトタイル巻き” の丸柱・・どれもアアルトらしい構成要素の数々
アアルト大学本館
アアルトらしい天井付きの照明器具が並んでいる・・廊下
アアルト大学本館
2階ホワイエへと続く階段詳細を見る。後ろが工事中のオーディトリアム・・残念ながらチラリとも中は見れず。劇的な4本の帯状スカイライトからの光に満ちた、垂直的な広がりのある、扇形平面の空間はどんな感じだったろうか・・残念
工事関係者の人に注意されない様に・・遠慮しながら、本館建物内をブラブラ・・
アアルト大学本館
図書館側よりオーディトリアムを見る。芝生が広がる広場では、学生さんが休憩中。フィンランドではどこでも芝生に寝転がって、日光浴をしている人が多い。冬が長い北欧では、陽射しを避けて木陰へ・・という人は少なかったです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA