「玉島の家」-外壁下地工事

白いシート(透湿防水シート)の上に縦桟の下地を付けて、その上に横向きの板を留めた付けた状態・・外壁の下地工事は何層にもレイヤー状に下地を重ねていく感じ。縦桟と縦桟の間が通気層となって、壁の中に湿気がたまらない構造となっています。外壁下端には壁が傷まないように、ガリバリウム鋼板製の水切金物。

リビングの床に床暖房パネルを設置。アルミニウム箔で覆われた床暖パネルを敷き込み。部屋の外周部や置き家具のスペースを考えてパネルを配置・・300mm巾のパネル1枚に6本の温水管が通る、約40℃の温水を利用した床暖房ですが・・放熱ロスを抑制した熱を逃がしにくい構造になっていて・・省エネ仕様な床暖房。

裏側手になる、東側から屋根を見る。屋根が3枚な感じ・・建物は1.5階建てみたいな住宅で、表側から見ると屋根は1枚な感じ・・でも裏側手に廻ってくると、屋根が3枚な感じになってきて・・アングルによって、ちょっと違って見えてくるところを・・秘かに気に入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA