バルコニーのリフォーム・・

鉄筋コンクリート造の建物の最上階・・少し広さのあるバルコニーのリフォーム。すでに屋根部の補修、フレーム部の再塗装、屋根の新設、床面の改修などの工事を行い・・いよいよ今回のメイン工事のひとつとなる「スクリーン工事」が始まりました・・

まずはクレーンを使って、幅1.7m✕高さ2.4mほどのスチール製フレーム4枚・・外部からバルコニー部へ直接・・搬入。
4枚のスチール製フレームを・・コンクリート柱梁にしっかりと固定東面と南面に2枚のスクリーンを設置・・
スチール製フレームには・・錆止め処理をした上に、耐久性の高い樹脂系の塗装を施しているのですが・・塗装面の“この微妙な肌理”がいい感じです!!!!!。この絶妙なテクスチャはどんな風に塗装すれば出るんだろうか・・
スクリーンに嵌めるガラス・・「割れても安全な強化ガラスの・・合わせガラス」。強化ガラスと強化ガラスの間に、飛散防止フイルムを挟み込んで・・厚さ10mmほどの1枚ガラス、としたものです。とても強くて安全!!!!!・・工事をお願いした「Y金物のY氏」曰く・・「ハンマーで叩いても、簡単には割れないと思うよ!」との事。
あらかじめ4箇所の穴が開けられた、幅800mm✕高さ1100mmのガラスまずは東面に8枚固定していきます。1枚1枚・・「金物」で固定していきます。風の抜けや変形時の破損予防を考えて・・ガラスの四周には19mmのクリアランスを取っています。
横桟の16φ丸鋼にガラスを固定していきます・・パッキンとしてのゴムと補助座を介して・・ガラスを「金物」で固定。金物オリジナルの丸型取付座・・ガラス1枚に対して4箇の取付座。後は南面・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA