Fritz Hansen

REPUBLIC OF Fritz Hansen

式の後、ロイヤルホテルの地下1階にある家具ショールームへ・・「REPUBLIC OF Fritz Hansen」。建築家アルネ・ヤコブセンがデザインした数々の名作家具を作っている事で有名な・・ デンマークの家具メーカー “フリッツ・ハンセン”。

(上写真左) 代表作であるヤコブセンが1958年にデザインした「SWAN 」・・いつかは事務所に置きたいが・・皮張りで1脚60~70万程度。(最近は安いリプロダクト品もたくさん出ているが・・)

(上写真中) 定番であるヤコブセンが1955年にデザインした「セブンチェア」。写真のセブンチェアは背座共にストライプ柄の布地張りタイプ・・ 通常タイプよりかなり座り心地がGOODでした、これなら長時間でもOKかも。通常タイプで1脚5万程度、布地張りで1脚9万程度。

(上写真右) デンマークを代表するデザイナー、ポール・ケアホルムが1958年にデザインした1人掛けソファ「PK31」・・ これがとても素敵でした。コンパクトで座面も低めで座り易く、日本の住宅/日本人には向いているかもと・・皮質も最高で、デザインも秀逸。1脚160万程度。

・・ やはり良い物はそれなりの値段がしますが、「SWAN」でも「PK31」でも買った本人だけでなく、次の代にも手渡して使えるものだしね。・・それは耐久性の事だけでなく、デザインされてから50年以上も経っているのに、カッコイイという事が大事。50年経っても古びないモダニティ、シンプルでありながら他にはない美しさ・・カッコイイという事はエコにも繋がる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA